ネットでかりてポストでかえす「オンラインDVD CDレンタル」ぽすれん
NHK DVD・キャラクターグッズオンラインショップ
Amazon.co.jp 『スター・ウォーズ ブルーレイBOX』 特設ページ

2012年05月07日

Fate/Zero 2ndシーズン 第18話 遠い記憶

うわぁ。。。
EDいいねぇ。
EDへの入りの部分も含めて。
エンディングには、ヘタに絵を入れず、完全に黒背景に淡々とクレジットだけを入れる。
この特殊エンディング、完全に狙っとるな!!!
ニクイ演出だ!

18話は、切嗣がダークサイド(笑)に落ちるきっかけの話か。
父親が逃げる事を最優先して、「お前に荷造りさせている時間は無い」と言った一方で。。。
ナタリアの「何か持っていくものは?」に切嗣が「なにもない」。
この対比が、何とも良いようの無い、救いの無い魔術師と言うものを描いている。

この話で初登場(過去の回想シーンで一瞬登場)のナタリア(中の人は渡辺明乃さん)。
切嗣の師匠に成る人だよね。
かっこよかったね。
こういうクールなキャラのガンアクションは大好き!
渡辺さんの少しかすれた感じの声も良いね良いね!

これは、次回も楽しみすぎるぞ!!!

posted by kirari at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月06日

KARAのク・ハラがすっぴん公開

KARAのク・ハラがツイッターですっぴん公開。
僕は、KARAでは、ク・ハラちゃんが一番かわいいと思うんだよね。
でも、パク・ギュリも美人だなぁ。。。
甲乙付けがたいなぁ。。。

ハラちゃんのすっぴん。。。
確かに、すっぴんでも、可愛くはあるなぁ。
でも、こうしてみると、メイクの力ってのはスゴイなぁと思う。
元々、ハラちゃんは、顔のパーツの配置がきれいなんだろうね。
バランスが良い。
だから、そのバランスを生かして、メイクさんがメイクすれば、あんな可愛くもあり、美人でもありな顔に成るんだろう。

う〜ん、なんか、女だけメイクって言う武器が有ってズルイ気がしてきた。
でも、女性からは「女はメイクにお金がかかる。男は楽で良いよね」って言われるんだよね。

posted by kirari at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月05日

停電はイヤ

今日も暑かった。
良い天気で気持ちよくって、半そでで十分の陽気だった。
自転車でお出かけしちゃいましたよ。

でも、暑くなってくると、こんどは停電の心配が。。。
どうやら、このままだと夏には計画停電なんていう事に成りそうだし。
停電は勘弁して欲しいよ。
何かと困るんだけど。。。

posted by kirari at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月03日

ヨルムンガンド 第4話 ムジカ・エクス・マキーナ phase.2

殺し屋「オーケストラ」とココたちとのストーリーの後編。
今回、すごい良かったね。
神回と言っても良い、濃密で面白い回だった。。。
にしても、主人公がこんだけ殴られて鼻血を出すアニメも珍しい。

チナツがかっこ良かったよねぇ。
特に、銃撃戦のシーンが。
アニメにしろ、映画にしろ、銃撃戦のシーンはこうじゃなくっちゃ。
ココも警察署を出た瞬間、恐怖を感じる位だし、最後には仲間にしたいと思う位の人材、良いキャラだった。

銃撃戦もカッコよかったけど、今回もレームのカッコよさが光る!
ライフルの射線にチナツが入っても撃てなかったルツに対してのあのセリフ。。。
「でも俺がやられた時はやり返さなくて良い」。。。
やべぇ、このオッチャンやべぇよ。
こんなオッチャンになりてぇ〜
posted by kirari at 01:50| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月02日

氷菓 第2話 名誉ある古典部の活動

おおお、かやのん登場(中の人)。
かやのんは伊原摩耶花役で登場。
オープニングにも登場する主要登場人物の一人のようだ。
お、ベン・トーに続くSキャラだ!
ちなみに、氷菓の摩耶花役のかやのんと、その摩耶花が惚れている福部里志(中の人は阪口大助)ですが、中の人的にいえば「ギルティクラウン」では、いのりと魂館颯太だ(笑

氷菓は、なんとも不思議なテイストのアニメだな。
日常系と言えば日常系なんだけど、アニメの中に流れる空気が何ともマッタリ。
まだ2話で、何とも言えないものの、この独特の雰囲気はある意味、人を選ぶのかも知れない。

第2話は、古典部の文集に関しての調査。
そこから何故か謎解きに発展。
千反田さんの意外な能力、嗅覚が発覚。
不思議なサイクルで借りていかれる、分厚い本の謎を解明。
今まで、推理物と言えば、「事件」が多かった訳ですが、このような日常的な謎を解くと言うスタンスは珍しい。
斬新で面白いと思う。

posted by kirari at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。