ネットでかりてポストでかえす「オンラインDVD CDレンタル」ぽすれん
NHK DVD・キャラクターグッズオンラインショップ
Amazon.co.jp 『スター・ウォーズ ブルーレイBOX』 特設ページ

2012年04月15日

映画「八日目の蝉」感想

昨年度2011年度の邦画の映画賞を総なめした作品「八日目の蝉」。
良い作品ですが、色々な意味でキツイ、重い作品。

まあ、登場する男達が見事にダメ男達。
同じ男として、見てて辛い位に。
自分の妹とか、姉とかと付き合ってたら、ぶん殴りにいくかも。

ストーリーはヒューマンドラマ。
赤ん坊の頃に誘拐され、誘拐犯を母親と信じて育った女性の心理を描くドラマ。
誘拐犯の希和子役に永作博美。
この永作博美さんの演技が圧倒的。
そりゃ、日本アカデミー賞で最優秀助演女優賞を取りますわ、これは。
個人的には、「八日目の蝉」は、永作さんが主演だと思う位で、それ位の存在感でした。

個人的には、逃亡先のホテルで誘拐した赤ん坊が泣き、出るはずの無い自分のおっぱいを吸わせるシーンや、逃亡先の小豆島での逃避生活の数々が印象的。
本当に永作さんの演技が神がかっていたように思います。
一点だけ、気に成ったのは、先の授乳シーンで永作さんの胸が写らない様になんでしょうが、不自然な感じの映像になっていた事が気に成りました。
当たり前ですが、永作さんの胸が見たいと言う下心の話では有りません!
ですが、他は本当、素晴らしいと思う。

小豆島で逃避生活を送る母子の生活が、切なくも美しい。
子は何も知らず、一緒に住む女を本当の母親だと信じ込んでいる。
女も子を自分の子のように思っている(子は自分の不倫相手である愛した男とその妻の子)。
この女の深い深い業が、見事に描かれている。
女は誘拐犯であり、「悪」なのは言うまでも無いのです、しかしそれでは計れない深い人間の業と言うものが見るものを不思議な気持ちにさせる。

この「八日目の蝉」を見て、日本映画の底力を思い知りましたね。
これは見るべき日本映画の一つでしょう。

  

posted by kirari at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月27日

リン・チーリン主演の新作映画が北海道で撮影開始

アジアの三十代トップクラスの美女、リン・チーリンの新作映画が、北海道で撮影開始になったそうです。
日中国交正常化40周年記念映画なんだとか。
映画のタイトルは「スイートハート・チョコレート」、監督は「地下鉄(メトロ)に乗って」の篠原哲雄監督。

映画の内容は良く分かりませんが、どうもラブストーリーっぽい?
公開は、中国で今年年末の予定。
日本公開は、今のところ2013年春頃の予定となっています。

リン・チーリンの美貌をまた見れると思うと、うれしい!
レッドクリフの時の、同じ人類と思えない美貌に、まだまだ衰えはなし。
実は、レッドクリフは、リン・チーリンの美貌が一番の見所だと思ってたりして・・・
もう40も近いと言うのに、どんだけ美人を維持するんだ、この人!



 

posted by kirari at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月19日

劇場版『ベルセルク』の第一弾「黄金時代篇T 覇王の卵」完成披露試写会の舞台挨拶をニコ動で生放送

2月4日公開予定の映画『ベルセルク 黄金時代篇T 覇王の卵』の完成披露試写会。
見に行ける人、いいなぁ!
もう開催された場所も有るので、日本の中にはもう見た人も居るんでしょ〜
いいなぁ〜
実は、じぶん、違う場所の試写会に応募したんですけど、見事に外れた!
こんな映画とか、アニメのブログしてるのに〜

あのベルセルクを、映画のクオリティで、映画館の大画面で見るなんて、考えただけでも鳥肌だよね。

ニコニコ動画のニコニコ生放送では、今日行われる劇場版「ベルセルク」の舞台挨拶を生放送。
窪岡監督やプロデューサーによる実況を見れるらしい。
「所々、映画本編も見れちゃうかも!?」って書いてるんですが、マジで?
期待して良いんでしょうか!


posted by kirari at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。